2017年04月26日

【やり抜く力(グリット)】人生の成功には二重に努力が影響する

より良い人生を切り開くには、
IQや才能などの生まれつき備わっている能力より、
大きな達成をしていく要素として
「粘り強さ」と「情熱」を合わせ持つ
「やり抜く力」(グリット)があります。

「やり抜く力」(グリット)は、
特に21世紀になり変化が激しく予測が出来ない
出来事に対峙し、価値観が多様化・複雑化する中で
自分らしい新しい生き方働き方を創っていく上でも
とても重要です。


その研究成果をまとめた書籍
『GRIT やり抜く力』(ダイヤモンド社)
から引用して行きます。


◼︎やり抜く力の方程式には2つの努力が含まれる

この本の中で、
やり抜く力を高め、より大きな達成をしていく
方程式が設定されています。


様々な分野での事例や研究を取りまとめた
研究結果としてこの方程式を設定しています。

その方程式は、

「才能×努力=スキル」
「スキル×努力=達成」


ただ才能があるだけでスキルが手に入るのでなく、
努力することで才能をスキルとして身につける。

努力を重ねそのスキルをより磨いていく。

身につけたスキルを活かし努力することで
ひとつひとつ結果を出していく。

努力してスキルを活かし、
結果を出し続けることで大きな達成を得ていく。


やり抜く力の方程式には
2つの努力が含まれています。

方程式を見ればわかるように、
努力が二重に影響しているということ。


才能をスキルに変え、
スキルを磨いていくための努力。

身につけたスキルを活かして
結果を出していくための努力。

より高い結果を出していく過程では
スキルもより高まる相乗効果があると思います。

でも、
スキルがはっきりと実感出来るまでは
地道な努力の積み重ねが必要です。

スキルを活かして結果を出していくためには、
努力しながら色々な試行錯誤も必要なはずです。


◼︎努力の近道は長くは続かない

『努力』と聞くと、大変とか面倒臭いと
思う人も多いと思いますが、

長期的に見て人生を成功に導くには
簡単に上手くなる近道はない。

実は、
一流と言われる人たちはどんな分野でも、
最初から上手くできるわけじゃなくて、
毎日地道に努力を重ねスキルを高めていく。

そして、スキルを活かしながら
何かをやり続けたことによって、
実現できることが広がっていく。

その努力の過程が見えないので、
活躍している表面しか目に入らない
ことが多いです。

最近、
『片手間』、『簡単』、『楽して』、
などのコンビニエンスなキーワードが目につきます。


こうした努力の近道はインターネットなどで、
一過性の結果を出すことは出来ると思います。

でも、
大きな結果を出していくためには
スキルの蓄積がなければ実現しません。


そのスキルを磨くには、
才能をスキルとして身につける努力が必須。

そして、
努力してスキルを磨きそのスキルを努力して
工夫して活かしより大きなことにチャレンジしていく。

この繰り返しでこそ、
より大きな結果を出し続けらるのだと思います。

このやり抜く力がつくことで、
予測していなかった変化にも、
先例がない出来事にも結果を出していけるはずです。





今まで、才能がないからとか
頭が良くないからとかの理由で
自分らしい生き方や働き方を諦めていた人に、
このやり通す力(グリット)はとても
勇気がもらえると思います。

コツコツと頑張れる人やひとつのことを粘り強く
実行出来る人は、特に自信を持って良いです。

やり抜く力(グリット)を通じて
スキルを高めるための努力の仕方や、
身につけたスキルの活かし方、
情熱を傾け方や効果的な目標設定など
の考え方や達成の技術を身につけて実践していけば
必ず新しい一歩が踏み出せるはずです。


今まで何度も繰り返しくじけてしまっている人、
目標の達成を実現したい人は、
多くの人の達成を実現して来た
このDVDは参考になるはずです。
↓ ↓ ↓
【達成する人の法則】自分を変えるレッスン〜仕事と思うな、人生と思え〜



スポンサーリンク


posted by GAGI at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | やり抜く力(グリット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする