2017年01月25日

「こんなことが仕事になる?」視点を広げることで新しい自分の価値に気づく

副業や兼業やパラレルキャリアを考える時、
自分には特別なスキルがない、売れるものなど何もないと
思っている人もいるかもしれません。

でも、
売れるものが何もない人などいません。

こちらの記事に書いたように
 ↓ ↓ ↓
【マーケティング的思考の重要性】マーケット感覚=価値を認識する能力を身につける


売れるものがないのでなく、自分の売れるもの、
自分の価値に気づいていないだけです。


『素晴らしい学歴を持ち、仕事の経験を積んでいても、
 難関資格や専門知識を持っていても、「自分には
 売れるモノなど何もない」と未来が不安でいっぱいになり、
 ノウハウコレクターや資格コレクターとして
 また別な学校に通ったり、資格取得に励む人が多い。』

マーケット感覚
「売れるものに気がつく能力」「価値を認識する能力」
が不足しているのです。


自分の売れるもの、自分の価値に気づけないから
何か価値を見つけたいと資格取得などに走る。

でも、価値を認識する能力がないから、
自分が既に持っている経験や強みの価値に気づけず、
それを活かす事もできないのです。

この自分の価値に気づく能力が2極化しています。

その2極化の背景には、自分の今までの枠組みの中で
視点を広げられないことも大きいと考えます。

忙しく仕事に追われ、世の中の変化や新しい情報や
自分とは違う考え方などに触れる機会がない。

そういう状態では、既存の価値観でしか物事が見られず
自分が思っている以外の新しい価値に気づけない。

自分には価値がないという枠組みから出られない
人も多いのだと思います。

経済成長のパラダイム.jpg

視点を広げることで、自分の中にも売れるもの、
自分が提供できる価値に気づけるようになります。

今、新しく生まれている様々なシェアリングエコノミーや
今までなかった生活サービスが誕生しています。

従来では価値がないと思われがちな
新しいサービスに触れることで
「こんなことが仕事になる?」新しい価値に
気づくヒントにしてください。


おっさんの人生経験を活かす「おっさんレンタル

おっさんレンタルとは、
『イケてると勘違いしているおっさんを1時間1000円
 からレンタル予約できるサービスです。』

親や先生や友人には相談できないことをおっさんは
人生経験が豊かだから安心して相談できる。

おっさんは若い同年代に対して包容力があるので、
気軽に自分をさらけ出せる。

経験したことがないことを一緒に行ってもらう。

おっさんのお説教やお叱りを受けたくて
サービスを受ける。

など、
おっさんはダサい臭いイメージばかりでなく、
人生の先輩としておっさんに魅力を感じている人は
男女問わず意外と多いようです。



いつも作っている家庭の手料理が人気「KitchHike

『KitchHikeは、料理をつくる人(COOK)と
 食べる人(HIKER)をつなぐマッチングサイトです。』

世界中の料理上手がCOOKとなって、
自分の手料理を食べる人に振る舞う。

普通のレストランでは体験できない料理が
たくさん登録されています。

日本の家庭料理を体験したいという
外国人観光客にもとても人気。

出来上がりの料理でもてなすだけでなく、買い物や
料理そのものを一緒に体験できとても喜ばれているようです。

いつもは当たり前な買い物も、日常の台所体験も、
家族からはフツーに思われている家庭料理も
外国人観光客にはリアルで新鮮な魅力です。



■「謝罪代行」相手を怒らせないことの価値

謝罪代行とは、個人や企業での謝罪を
お金で代行してくれるサービス。

NHKのあさいちでも取り上げられるほど
話題になっています。
 ↓ ↓ ↓
なんかおかしくないか?「謝罪代行会社」大繁盛!
本人に代わって謝って一件落着



番組で実施したアンケートでは、ご近所やママ友との
関係などで4人に1人が謝罪をめぐってトラブルに
なった経験があるそうです。

背景には、「他人と面と向かって接してこなかった人
の増加があるようです。

だから、
ちゃんと謝れない人や謝り方がわからない人、
理不尽に因縁をつけるクレーマーなどが増えている。


問題が起きても、相手が納得する謝罪ができずに
大きなトラブルになってしまう。

そんな時代だから、他人としっかり向き合える人、
相手を怒らせない対応が出来る人は貴重です。


社会人経験が長く、トラブルやクレーム対応に
マナーを持って誠実に対応してこられた人、
相手を怒らせないで問題解決できる経験は
大きな価値の時代かもしれません。


スポンサーリンク


posted by GAGI at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

副業・兼業・パラレルキャリアを加速させるシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは何か?

コトバンクからの引用です。

『個人や企業、非営利団体などが所有する物や遊休資産、
ノウハウなどを、インターネットを利用した仲介によって
貸し出すなどして、他者と交換・共有すること。
貸し主はレンタル料などの収入が得られ、借り主は所有する
ことなく、必要なときだけ活用できるという利便性が得られる。』

海外では、個人宅や空き家などを宿泊施設として
貸し借りするいわゆる民泊サービスのairbnbと
配車サービスのuberが有名です。

シェアリングエコノミーの市場規模は、英国大手コンサルファーム
PwCによると、全世界では2013年に約150億ドル、2025年には
約3,350億ドル規模に成長する見込みとのこと。

日本でも矢野経済研究所によると、シェアリングエコノミー市場は
2014年度で23,276百万円と推計されており、
今後も高い成長率で推移するものとみられています。


能力問わない新卒一括のメリット.jpg

法の整備など必要な部分もありますが、ユーザーが安心・
安全にサービスを利用できるよう保険も出始め、信頼性を
高めるためにユーザー同士のレビュー評価制度も取り入れる
など確実にサービスのインフラが整備されています。

政府も今後の成長戦略に関連し、シェアリングエコノミーを
阻害する制度・行政の抜本的な見直しを検討しています。

個人の副業・兼業・パラレルキャリアで考えれば、
貸し主として資産やノウハウや時間などを貸し出すことで
収入が得られるシェアリングエコノミーサービスがどんどん
拡大することでその実現性が加速します。


シェアリングエコノミーにはどんなサービスがあるか?

いろいろな区分の仕方がありますが
副業・兼業・パラレルキャリアで考えた時わかりやすいので、
シェアリングエコノミー協会の理事である株式会社ガイアックス
の区分を参考にしていきます。
  ↓ ↓ ↓
ガイアックスが考えるシェアリングエコノミーの4領域


1.モノのシェア(各種フリーマーケット・衣服などのファッション等)

メルカリ ネット上のフリーマーケット

キャリーオン
 ブランド子供服のフリーマーケット

ウリドキ
 ネット宅配買取モール


2.場所のシェア(駐車場・会議室・民泊・ルームシェア等)

airbnb 自宅などを宿泊施設として貸し借りするサービス、部屋だけでなく体験もサービス化開始

軒先 駐車場のシェアシステム軒先パーキングとだれでも簡単にお店が開ける軒先ビジネスサービスを提供

スペースマーケット イベント・会議用スペースレンタルを提供


3.移動のシェア(カーシェアリング・ライドシェア等)

Uber 配車サービス/

UberEATS Uberが開始したフードデリバリーサービス

LINE TAXY  LINEが提供するタクシー配車サービス


4.リソースのシェア(労働力・技術・お金等)

ANYTIMES 近所で「得意」を売ったり買ったりできるサービス

ストリートアカデミー
 スキル共有のコミュニティサイト

ココナラ
 知識・スキルの販売サイト

クラウドソーシング「ランサーズ」
 クラウドソーシングの仕事マーケットプレイス

ナレッジサーブ 趣味や知識の学びコミュニティー、学ぶだけでなく講師として開講



スポンサーリンク


posted by GAGI at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

【副業・兼業・パラレルキャリアのすすめ】人生3毛作の時代を生き抜く

21世紀になり生き方働き方にも大きな変化が起きています。

新しい時代の新しい生き方働き方として
副業・兼業・パラレルキャリアがとても重要である背景として

人生100年時代にどう生計を立てて行くかポイントです。
  ↓  ↓  ↓
">【副業・兼業・パラレルキャリアのすすめ】人生100年時代の自分の事業で収入を得る路を持つ

人生100年時代のパラレルキャリアを進めて行く上で
人生3毛作という考え方がとても役立ちます。


人生3毛作とは、社会人人生をおよそ20年をひと区切りとして、
20歳〜40歳、40歳〜65歳の定年まで、60〜65歳の定年以降を指します。

前進.jpg

定年以降を細かく区切ったり、定年の年齢をもっと早く考えて
人生4毛作という考え方もあります。

何より、人生100年時代に定年以降をどう生活して行くか
をしっかり見据えることが重要です。


■終身雇用で95歳まで雇えるか

『終身雇用を掲げるなら95歳まで雇ってよ、と言いたいですよね(笑)。
 「60歳まで¬働ける環境を作ることが終身雇用です」というのは、
 そろそろ常識として通用しなくなるので。
 60歳を65歳に伸ばす程度では中途半端だと思います。』
   "人生三毛作・二足のわらじ"を生きる

終身雇用制度は60歳定年から65歳へ、そして70歳定年も
されているようですが、人生100年時代はその先も20年以上
続くことになります。

今までは、定年後は退職金と年金で生活するという
常識が通用しましたが、退職金も年金も期待できない時代です。

ここに書いてあるように、今の時代に「終身」雇用するなら
人生100年なら95歳くらいまで制度化が必要かもしれません。

でもその制度が適用できるとは到底思えません。

だから、定年後の数十年をどのようにライフプランするかが
とても重要であり、そのためには定年までの準備が必要になってきます。


■社内失業者500万人の中で40代〜50代も安心できない時代

定年までの40代〜50代に定年後の準備をして行くことが重要と
お話しましたが、その40代50代の会社における立場がとても
不安定になる危険性も考慮すべきです。

社内失業者が500万人とも言われ、
『今の40〜50代には特に大企業での「社内失業者」が多く』
問題になっているのが現状です。

『今の雇用システムで最も不幸なのは、50代そこそこで
 突然リストラに遭い、住宅ローン、子どもの教育、
 親の介護などの問題を抱えながら再就職ができない
 状況に陥ることです。社内失業者は一説に500万人とも
 言われるほど存在し、事実、昨今行われている大企業の
 リストラ策では社内失業者が主なターゲットとなっています。
 今後、そのようなリ-ストラ策が増えると、社内失業者が
 一気に本当の失業者となってしまい、大きな社会問題
 にもなりかねません。』
”人生三毛作”と考えて、何度も学び直しとスキルの再構成を考えましょう

社内失業までで無くても、会社の中では40歳で
それ以降の会社のポジションが決まってしまいます。

幹部及び幹部候補、もしくは高度な専門職に
ならなければ窓際族のような閑職や大幅な収入の
減少するリスクも考えていくべきです。

倒産や事業撤退や吸収合併の会社サイドの問題や、
それに連動した転勤や出向や親の介護など環境要素も
考えておかなければ危険です。


■1つの会社の中で昇進を目指しても生存確率が上がらない?

20代など若い世代の人たちは、会社の中で
昇進出世に関してどう感じているか?

興味深い調査がありました。

『1つの会社の中で昇進を目指していったとしても、
 生存確率が上がらない。』

『「生存確率が上がらない」とは
 ・1つの企業で昇進を目指していくと、
  自分の将来がむしろ危うい
 ・その企業の先行きが怪しくなったとき、
  自分もそのまま危うくなってしまう
 ・社外の交流・人脈などが希薄になり、
  直観的にマズい状態になる』
   「社内出世」VS「社会出世」21世紀の出世論

というニュアンスのようです。

会社の中での出世や昇進について、
若手社会人の「出世しても生存確率が上がらない」
という反応が本音なのかもしれません。

恐らく、40代〜50代に出世や昇進から外れた場合の
こともイメージしているのだと思います。

「大企業で一生を終える」
「1つの組織で昇進を目指すという古いモデルに限界がある」

この記事にあるように社内出世にだけ邁進するのでなく、
社会出世も視野に入れることがリスクヘッジにもなります。

そのためにも、パラレルキャリアが重要です。



スポンサーリンク


posted by GAGI at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

【副業・兼業・パラレルキャリアのすすめ】人生100年時代の自分の事業で収入を得る路を持つ

21世紀になり生き方働き方にも
大きな変化が起きています。

新しい時代の新しい生き方働き方として
副業・兼業・パラレルキャリアが必要です。

では、なぜパラレルキャリアが必要なのか?

時代の変化の中で、皆それぞれが
しっかり心構えを持つためにその背景を
お伝えして行きます。


◼︎人生100年時代の生計をどう維持するか?

まず、こちらの記事から
↓ ↓ ↓
「社内出世」VS「社会出世」21世紀の出世論

『寿命そのものが90〜100歳まで伸びる中で、
60歳付近で定年を迎えても、その後の30年以上の
生活を支える蓄え(年金や個人の貯蓄)を
現実的に貯められない点です。』

日本人の平均寿命から考えて、今後ますます寿命が伸び
90歳〜100歳は当たり前になってきます。

会社の定年が仮に70歳に伸びても、その後20年以上の
生計をどうやって維持するか?

真剣に考えておくべきです。

一括入社.jpg

社会保障は当てにならず年金は期待できず、
医療保険は負担が増すはずです。

貯蓄や資産がなければ、収入を得なければ
生活が成り立ちません。


◼︎定年前に収入が減るリスクも考える

いろいろな事情で、運悪く定年前に
収入が減っていくリスクも考える必要があります。

『企業が破綻したり、あるいは従来の終身雇用を保障せず、
さらには合併・解雇など』のリスクはまず考える必要があります。

企業の寿命、自分の所属する事業の寿命も業種によって
ますますそのリスクは変化する可能も。

その変化によっては、解雇ではなくても
リストラや配置換えなども。

会社の体力がなければ、終身雇用をしたくても
雇用を維持するだけでいっぱい状態もあり得ます。

会社の環境だけでなく、本人の病気や親の介護などで
同じ仕事が続かないことも。

想定していた定年前に収入が減る予期せぬ事態に対しても
その後の生計を維持する対策も必要です。


◼︎会社組織では自分の事業の準備ができない危険も

『「自分のビジネス・自分の時間」については、
大企業で現役中は収入も人脈も、そして新たな学びも
あまり起きない構造となります。』

自分のビジネスとは、
『自分で事業に取り組む(本書では、主に自分で
事業を立ち上げるという前提)。』
だけでなく、自分の専門性を活かして
フリーランスやSOHOなど個人事業や、プロフェッショナル
として会社とは別に収入を得ることと考えても良いと思います。

その自分のビジネスに関して、
大企業でなくても会社組織の中にいると、自分の事業に関連する人脈も
学びも起きない構造。結果として収入も得るチャンスはありません。

しかも、会社の中にいるとどんどん仕事量が増えてしまい、
最も大事な資産である時間がなくなってしまう危険性があります。

仕事に追われていると自分の事業としての準備など忘れてしまい、
いつの間にか定年や予期せぬ事態にならないこと。

だから、副業や兼業など外部環境の中で意識して、
仕事に追われず会社の時間と別に時間を作ることが必要です。

そして、予期せぬ事態でも安心して対処できるように
自分の事業として収入を得るための準備が必要です。



スポンサーリンク


posted by GAGI at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【副業・兼業・パラレルキャリアのすすめ】ワーク&ライフ&ソーシアル


こちらの記事から
↓ ↓ ↓
あなたが価値を発揮するのは会社だけじゃない 「ハイブリッド人生」とは?

『一生は一度きり。生きているからには、
ワークもライフもソーシャルも、
3つともやりたいじゃないですか。』

新しい生き方働き方としてこれからは
パラレルキャリアの時代です。

こちらの記事にあるようにワークかライフかソーシャルか、
ではなくワークもライフもソーシャルも大切にする。

経済成長のパラダイム.jpg

これからは、
「OR(か)の時代」でなく「AND(も)の時代」でもある。

できれば、密度濃く充実した人生の質をより高めたい。

特に、社会の一員として、地域の一員としてのソーシャルの
部分は、失われた60年で失われていた部分。

そして、パラレルアイデンティティー。

自分の居場所がないと思っている人には、
「今の居場所を感じられない場所」
とともに
「何か安心出来る」「何か活かせそう」など
新たな場所を持つ可能性もある。

「今の居場所を感じられない場所」に無理やり抗うのでなく、
うまく折り合いをつけて新しい居場所も持つ。

居場所は幾つもあっても良い。

生き方働き方も自分らしい仕事の意味や目的を考えていく
↓ ↓ ↓
多様な働き方をしていくために働く意味・働く目的をはっきりさせていく

ワークの生き方働き方で考えても、
・生計を立て維持する側面(ライスワーク)
をまずしっかり基盤を作ること。

その上で、
・やりたいことや自己実現の側面も
・能力開発や経験を積み上げる側面も
・次のステージへの準備の側面も
・仕事を通じて社会貢献の側面も

ひとつの仕事で実現するのが難しければ、副業や兼業など
パラレルキャリアを考えてみる。


現実的には、
生計を立て維持する側面(ライスワーク)で
しっかり生活の基盤を維持する仕事は
それとして切り分けた方が良いと思います。

スキルアップのために転職してうまくいかないケース。

自由を求めて、好きなことを仕事にしてフリーランスになって
仕事がなく生活に困り将来に不安を抱えているケース。

そいうリスクが取れないから、いやいや今の仕事を続けて
自分の時間も取れず、ストレスも疲労も溜まり
ただ仕事に追われてしまうケース。

など、

一社オンリーの画一的な考え方より、
パラレルキャリアの考え方の方が生き方働き方が広がります。


スポンサーリンク


posted by GAGI at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

多様な働き方をしていくために働く意味・働く目的をはっきりさせていく

政府が副業や兼業、フリーランスなどの雇用されない
柔軟な新しい働き方を推進しています。

従来の正社員を中心にして正規社員と非正規社員という区分けや、
社員と雇われない働き方という二者択一的な働き方から、
多様な様々な働き方が選べる時代です。

工業化社会.jpg

企業によっては、専業禁止を宣言したり、週4日勤務、
在宅ワークなど選択肢が増えてきました。

正社員オンリーのような画一的な働き方から、
自分らしい新しい多様な働き方ができる環境が整いつつあります。

多様な新しい働き方をしていくために、自分にとっての
働く意味や働く目的をはっきりさせ優先順位を考えていくことが重要です。

一般的に重要な働く意味や働く目的をピックアップします。
自分は何を優先するか考えていきましょう。

1、生計を立てる・生計を維持する
生計を立てるとは生活のための手段・方法をつくっていくこと。
まずは、働くことで生活を維持する基盤をつくることが何より重要だと思います。
いくらやりたいことがあっても生活が成り立たなければ実現は難しいです。
たとえ、やりたくないことでも生活を維持する基盤は優先させなければなりません。

2、収入を得る・稼ぐ
ここでの収入を得る・稼ぐ意味は、生活基盤だけでなく生活レベルに
よって豊かな生活をするために、より多く収入を得ることです。
できれば働いた分収入を増やし良い生活をしたいものです。
 でも、気をつけるべきなのは中長期的に安定的に
高収入が得られるかどうか。
寿命が延び仕事人生がどんどん長くなっています。
リストラや本人の病気、親の介護などいろいろな要因で
収入が下がることも想定すべきです。
収入が落ちたのに生活レベルを下げられずに貧困化する
問題も多くなっています。

3、やりたいこと・好きなことをする
やりたいことや好きなことを仕事にしたいという人も多いと思います。
いやいや仕事をするより好きなことが仕事にできれば幸せです。
 でも、仕事として捉えればやりたいことをしていくためには、
スキルや技術を習得し、経験を積み信頼を積み上げる期間も必要です。

4、スキルや経験を高め成長する
仕事を通じてスキルや経験を積み上げ、より高い仕事に
チャレンジしていくことができます。
スキルや技術や経験など職業人としてだけでなく
人間としても成長していくことで周囲からの信頼も得られ
好きなことが出来る可能性が広がります。

5、実績や経歴や作品を作る
 大きなプロジェクトを成功させたとか、新製品を生み出したとか
新規事業を立ち上げたとか、仕事を通じて達成した実績は
職務経歴書に書ける経歴という意味だけでなく、
プロの職業人としての歴史であり仕事を通じた作品でもあります。

6、社会に貢献する
忘れていけないのは仕事を通じて社会に貢献するという側面です。
仕事は誰かに役立っているからこそ仕事として成り立っています。
 提供価値という言葉があるように、自分の仕事は誰のどんなことに
価値を提供しているのか、どんあ形で社会に役立っているのか
という側面で仕事の意味も考えるべきです。

7、次の仕事のステージへの準備
今の時代の働き方で重要になってくるのは、仕事人生が長くなっていること。
人生100年という時代です。
社会保障が期待できない中で、資産など特になければ70歳でも
現役で働くことを考えるべきです。
 人それぞれですが40歳前後にひとつの節目を迎えます。
会社員であれば、おおよそ会社の中でのポジションが見えてきます。
リストラなどのリスクも考慮すべきです。
人工知能やクラウドソーシングなど技術革新で仕事も
大きく変化する可能性があります。
その上で、60歳前後の次のステージも見据えどのような
仕事をしていくか準備していくことが重要になってきます。

特に、好きなことを仕事にする人はその先にもその仕事が
続けられるかしっかり考えおくべきです。

終身雇用が当たり前だった昔は問題ありませんでしたが、
今の時代には中長期的に働き方を考える必要があります。


スポンサーリンク


posted by GAGI at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラレルキャリアの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする