2016年11月29日

スキルや経験を問われない新卒一括採用のメリット

過去、2回の記事で、新卒一括採用の制度としての
問題点を指摘してきました。

新卒一括採用による雇用のミスマッチと選考の不平等という問題

新卒一括採用はやり直しが効かない一発勝負という問題

新卒一括採用の制度は、様々な問題を内包しており、
一発勝負のワンチャンスで再チャレンジが出来ない、
やり直しが効きづらいなど大きな問題があると思います。

特に、新卒一括採用のワンチャンスを逃し、不本意な
非正規雇用になるとそのまま固定的化して正社員になる
ことができない現状は、制度として大きな問題点を抱えています。


就活生にとって、それらの問題点は大きな
デメリットです。

でも、問題が多い新卒一括採用ですが、
就活生にとってメリットもあります。


新卒一括採用のメリットについて考えていきます。

今後、雇用システムとも連動して、通年採用など
採用の制度も企業によって多様化して行く動きが
ある中で、新卒一括採用の問題点、デメリットになる
部分と同時に、メリットも把握することは
就職活動をして行く上でとても重要です。



■スキルや経験や実績を問われないというメリット

こちらの記事から、一括エントリーを批判して自社では
採用試験に独自の受験料を設定して話題になったドワンゴの川上会長の
コメントを載せています。
  ↓ ↓ ↓
「新卒一括採用」の功罪 渦中にいる君たちへ

『日本の新卒一括採用は違います。
 仕事に役立つ具体的なスキルや実績はまったく求められず、
 「将来の可能性」だけで採否が判断されます。』

『そうして採用された新入社員は、研修や社内教育、
 OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)などで、
 ゼロから仕事を教えてもらえるのです。』

日本の新卒一括採用では、ポテンシャルつまり
「将来の可能性」で採否を判断し、仕事に役立つ
具体的なスキルや実績は問われないメリットを述べています。

就活生にとってはその事は、当たり前なことで別に
メリットとは感じられないかもしれません。

でも、
即戦力として仕事に役立つ能力やスキル、経験や実績が
問われず、ポテンシャルがあると認められれば内定を
もらうことが出来る新卒一括採用は、欧米の通年採用と
比較してみると就活生にとってとても大きなメリットで
あることがわかります。



■欧米の通年採用で求めるのは即戦力

『通年採用をおこなっている海外では、スキルのない人は
 就職できないんです。アメリカだと、採用時に見られる
 のは職務経歴書と大学で何を専攻したかの2つ。
 これだけ。将来のポテンシャルなんて、ほぼ考慮して
 もらえませんよ』
 
 つまり、ポテンシャルなど関係なく、即戦力として
 どれだけ成果を出せる人材かどうかが問われます。

 
 『このため、仕事にすぐ役立つことを専攻しているか、
  企業などのインターンシップで経験を積んだ学生、
 あるいはすでに働いた経験がある人でないと採用されません。
 一部の優秀な人にとってはチャンスが広がるでしょうが、
 能力を求められる厳しい仕組みでもあります。

 
即戦力なので、ゆっくりと研修や社員教育やOJTにより
仕事を教えてもらうことなどなく、即仕事の成果を求められます。

能力があり、自分に自信がある人ならどんどん
積極的に通年採用にチャレンジし採用されるでしょうが、
ポテンシャルがあっても、大学で何を専攻をして、
どんな仕事経験を積んで、それをどう戦力として
活かせるかプレゼンできなければなりません。


◼新卒一括採用は新卒だからこそのメリットとも考えられる

通年採用では、新卒カードは意味を持ちません。

新卒カードは全く通用せず、
既卒も第二新卒も同じ土俵で選考を競わなければなりません。

新卒だからこそのポテンシャル、将来の可能性を考慮して
スキルや経験・実績を問われない新卒一括採用とは全く違います。

即戦力として、自分はどのように会社に貢献できるかを
具体的にアピールしなければなりません。

通年採用は新卒も既卒も第二新卒もない
はっきりと能力を判断される厳しい採用の仕組みです。


新卒だからといって、求められる成果を出せる
能力がないと採用されない厳しい仕組みです。

そう考えると、新卒一括採用という制度は、新卒者に
とって恵まれた、新卒だからこそのメリットある
制度とも考えられます。


能力問わない新卒一括のメリット.jpg

ドワンゴ川上会長のコメントにあるように、
欧米での通年採用の仕組は、より能力が求められる
厳しいし仕組みであり、一部の優秀な人には
チャンスがより広がるかもしれませんが、
そうでない人との格差がもっと大きくなる危険性があります。

新卒一括採用にはいろいろな問題もあり、
ヤフーや楽天など多くの企業が通年採用にしているように
企業により採用の仕組みも多様化し始めています。

今後ますます即戦力を求める企業も増えそうです。

だから、新卒性も既卒生も第二新卒性も
企業の採用の動向もしっかりウオッチしていく
必要があります。


人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ



スポンサーリンク


posted by GAGI at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒一括採用と通年採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

新卒一括採用による雇用のミスマッチと選考の不平等という問題

前回、新卒一括採用による問題を指摘しました。
  ↓ ↓ ↓
新卒一括採用はやり直しが効かない一発勝負という問題


新卒カードといわれているように、新卒であることが
大手企業に採用される最大のチャンスであり、
一発勝負のワンチャンスという要素が強い問題。

そのワンチャンスを逃すとやり直しが効きづらく、
新卒の最大のチャンスを逃すと、非正規雇用など
就職のハンディが固定化する問題。

やり直しが効きづらいワンチャンスという
プレッシャーと、企業側の内定受諾を短時間で迫って
くることで就活生が希望する会社や業種に関係なく
内定を取りに走る問題。

を指摘しました。

そして、この新卒一括採用は雇用のミスマッチと
選考の不平等という問題も抱えています。



■新卒一括採用と雇用のミスマッチという問題

厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」によると、
平成24年3月に卒業した新規大学学卒者の卒業後
3年以内の離職状況は32.3%で、
新卒採用3年間でおよそ3人にひとりの
割合で離職しています。

しかも、その離職者の4割を占める13.1%は卒業後
1年以内に離職しているようです。

企業規模と離職率で見ると、従業員数が少ないほど
離職率が高い傾向にあります。

産業別では大きな差が出ており、上位の宿泊業・
飲食サービス業は53.2%、生活関連サービス業
・娯楽業は48.2%、教育・学習支援業は47.6%で
平均を大きく上回り約二人にひとりが3年以内で
離職していることになります。

新卒というワンチャンスでやり直しが効かない
プレッシャーや、採用の早期化や学生の企業情報
の偏りなど、新卒一括採用の制度も雇用のミスマッチ
という問題に大きな影響を与えていると考えられます。



■新卒一括採用の選考の不平等という問題

まだ、就活で内定を貰っていない人には、特に気に
留めていた方が良いと思いますが、新卒一括採用という
制度では、選考に不平等という問題が発生します。


そのひとつには、景気が良い年と景気が悪い年では
採用人数が大きく違う不平等を生んでいます。

就職氷河期には多くの非正規社員が生まれ、そのまま
固定的に正社員になれない問題も発生しています。


そして、もうひとつは新卒一括採用の選考基準による
不平等という問題。


新卒一括採用では、人気企業や大手企業では大量の応募者が
出るため、入社実績のない大学の場合書類選考の時点である
程度のふるいにかけらるケースもあるようです。

また、業種に関係なくどの企業もポテンシャルの高さや
コミュニケーション能力など選考の基準が似通っているため
一部の優秀な学生ばかりに内定が集中してしまう問題も出ています。


何十社も応募しても内定を取れない就活生は、
この選考の偏りがあることも考慮して対策も必要です。

離職率.JPG
(資料出所)厚生労働省職業安定局集計


これらの新卒一括採用の問題の背景には、学生の情報不足、
学生側がもっと広く様々な企業情報に触れられないという
問題も大きいと考えられます。


人気ランキングやテレビなどメディアでよく見かける
有名企業にばかりしか情報を収集できず、特殊技術を
持った優良企業や、個性的な人材を採用している企業など、
個人では中々広く採用企業情報を得られないのが現実です。

その意味では、企業紹介もしてくれる就職支援の活用も
就活に悩んでいる人には検討してみて損はないと思います。

人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ





スポンサーリンク


posted by GAGI at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒一括採用と通年採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新卒一括採用はやり直しが効かない一発勝負という問題

就活生の皆さんや、既卒・第二新卒の皆さんにとって、
新卒一括採用制度はとても当たり前の制度のように
思われるかもしれません。

でも、海外では新卒一括採用でなく、
新卒に限らない通年採用が当たり前です。
  ↓ ↓ ↓
新卒一括採用は海外にない日本独自の制度

新卒一括採用はメリットもありますが、制度としての
問題や制度による弊害も多く見られます。


これらの問題や弊害により、政府や経済同友会など
経済団体などからこの新卒一括制度の廃止や見直しを
求める声が上がっています。
  ↓ ↓ ↓
「新卒・既卒ワンプール/通年採用」の定着に向けて

また、ヤフーをはじめ多くの企業では新卒一括制度を
廃止し、通年採用など新しい採用制度を取り入れ
始めています。
  ↓ ↓ ↓
ヤフーが新卒一活採用を廃止して通年採用を実施

 
でも、まだまだ新卒一括採用は多くの企業で実施されて
いる状況で、今、まさに就活中の皆さんは、
この新卒一括採用の問題や弊害を知ることで
対応策を練っていく方が良いと思います。


では、
新卒一括採用にはどんな問題や弊害があるのでしょうか?
特に大きな問題と思われることを書いていきます。

◼新卒一括採用は一発勝負のワンチャンス就活という問題

新卒一括採用の大きな問題として、就活が新卒時だけの
一発勝負でワンチャンスであることが挙げられます。

2006年に内閣府が企業に実施したアンケート調査では、
新卒一括採用の制度を続ける理由として、
「社員の年齢構成を維持できる」
「他社の習慣に染まっていないフレッシュな人材を
 確保できる」
「定期的に一定数の人材を確保できる」
といった理由が多いようです。

企業は新卒を一括採用することで、
フレッシュな新人として自社のカラーに染めあげ、
会社への忠誠心を養うには都合が良いし、
同時期にまとめて一括に大量に採用できるので
人材の確保もし易く、研修や教育なども一括して
実施できるというメリットがあります。

学生側にとっては、新卒を大量に採用し、しかも
経験やスキルを問われないので大企業や有名企業に
入れる最大のチャンスとなります。

「新卒カード」とも呼ばれるように、新卒である
ことが最大の強みのような問題のある風潮になり、
多くの就活生にとって、学校を卒業した時点が、
良い条件の仕事に就く最大のチャンスになっています。

裏を返すと、新卒でなくなるとそのチャンスが
なくなってしまうという問題を引き起こします。

つまり、新卒一括採用が就活のワンチャンスであり、
新卒時だけの一発勝負という問題を生んでしまっています。



■新卒一括採用を逃すと「やり直し」が効きづらいという問題

新卒一括採用の大きな問題として、
「一発勝負」「ワンチャンス」就活になってしまう
とお話しました。

その背景には、この新卒一括採用での「一発勝負」
「ワンチャンス」を逃すと、再チャレンジが難しく
「やり直し」が効きづらい問題が隠されています。


少しづつですが、企業の中には通年採用や既卒・第二新卒の
採用などを積極的に取り組み始めています。

ただ、まだまだ多くの企業では新卒一括採用が主流で、
新卒での大量採用に対して、いわゆる新卒カードを
逃してしまうと、就活がとても狭き門になってしまう
問題があります。

特に、安定志向が強い現在の学生にとって、大企業や
有名企業に応募が集中し非常に競争が激しくなり、
新卒一括採用を逃してしまうと再チャレンジは
とても難しいのが現状です。

採用人数は景気に大きく左右されるため、就職氷河期に
希望する会社に正社員として就職できなかった世代は、
非正規社員として固定化してしまい、「やり直し」が
効きづらいという問題が起きてしまいます。


■就活生が無理やり内定を取りに走る問題
新卒一括採用の「一発勝負」「ワンチャンス」就活の問題と、
この新卒一括採用を逃すと「やり直し」が効きづらいという
問題により、就活生が無理やりにでも内定を取りに走る
問題も指摘されています。

就活のやり直し・再チャレンジが難しく、非正規雇用では
正社員になりづらいという風潮からも就活生には相当な
プレッシャーがかかります。

そのプレッシャーから、何としても内定が欲しいという
気持ちで、自分の希望する業界や会社ではなくても
内定を取りに走ることも多いようです。

企業側が就活生に内定を出す時に、内定者を囲いこみ
たいために、時間的な猶予を与えず、就活生に内定受理を
迫るという問題も起きています。


就活生本人だけでなく、友人や家族も含めて大企業・
有名企業志向も強く、本来自分の希望する業界や
会社でなくても大企業や有名企業であれば、内定に
納得してしまうケースも見受けられます。

しっかりした分析もせず、求人票と会社説明会の資料だけで
ひたすら内定を取ることばかりに走る就活生も多く、
後々離職につながる問題も多くあるようです。

また、就職活動の早期化・長期化で学業をおろそかに
しているという弊害も指摘されています。

20f8d9a4f4db8de26faf48b6057e1b16_l.jpg

このように、
新卒一括採用の制度は、多くの問題と弊害を
抱えています。

やり直しが効きづらく、いったん非正規社員になると
正社員になりづらい日本の雇用の仕組も問題です。

就活生側の安定志向、大企業や有名企業志向が強く
応募が一部の企業にばかり集中してしまい、
競争が激しいために望む就職ができないという
問題も大きくしているようです。

それに対して、前述の経済同友会では、
企業に対し、インターンシップや新人採用の多様化と
採用の明確化を提言しており、採用方法を見直す
企業も増えています。

残念ながら、まだ未内定の就活生には、就活の方法や
面談対策、通常選考ではない特別選考なども受けられる
就活支援などもあります。
 ↓ ↓ ↓
まだ間に合う就活【就活ドラフト】
    

新卒2次募集・追加募集もまだまだあるようです。

なので、希望を捨てずに、出来る限りいろいろな情報を
入手して、就職採用の動向に注意を向けていきましょう。

人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ




スポンサーリンク


posted by GAGI at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒一括採用と通年採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

新卒一括採用とは 海外にはない日本独自の制度

前回、ヤフーの新卒一括採用を廃止のニュースをお伝えしました。
    ↓ ↓ ↓
ヤフーが新卒一活採用を廃止して通年採用を実施


ヤフーだけでなく、多くの企業が新卒一括採用という制度を
廃止して通年採用に切り替えています。

その背景には、政府からの新卒者の就職採用問題の要請や
それを受け経済同友会など経済団体の積極的な意見発信
があります。

この新卒一括採用など就職採用の動向は、
就活生だけでなく、第二新卒者も既卒者にも重要な変化です。
雇用制度の変化と考えれば多くの人の働き方に関連します。


では、
そもそも新卒一括採用とはどんな制度なのか。
この制度はどのように生まれたのか。
海外ではどのような制度があるのか。

現状を知ることも大切です。

◼新卒一括採用とは

Wikipediaによれば、
『企業が卒業予定の学生(新卒者)を対象に年度毎に一括して求人し、
 在学中に採用試験を行って内定を出し、卒業後すぐに勤務させる
 という世界に類を見ない日本独特の雇用慣行である』

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説では、
 『官公庁や企業などが、高校、専門学校、大学を卒業する
  予定の学生(新卒者)を対象に毎年一度、一括して
  正規職員や正社員に採用する仕組み。』

 『内定を出すことで社員を確保し、卒業後の4月にいっせいに
  入社させる。内定後は実質的に雇用関係が成立していると
  みなされることが多く、企業側は入社前から研修などへの
  参加を義務づけることが多い。この新卒一括採用された
  社員のことを「プロパー社員」、「生え抜き社員」と称し、
  多くの企業ではここから管理職を含む幹部が選抜されていく。』

となっています。

この新卒一括採用の特徴をまとめてみると、

 ・年度ごとに一括して採用する。

 ・卒業予定の学生(新卒者)を求人。

 ・卒業後4月にいっせいに勤務させる。

 ・社員を確保するために内定を出す。

といったところでしょうか。

慣れてしまっている我々には、当たり前に見えますが、
「日本独特の雇用慣行」であり、海外から見ると
当たり前ではないようです。


◼新卒一括採用は従来の日本的雇用慣行が前提の制度

ウィキペディアより
『新卒一括採用制度は、終身雇用や年功序列賃金といった
 日本的雇用システムの一部をなしているという指摘がある。
 というのは、ある程度の長期間に渡って採用した新卒者が
 会社に残ることが労使双方によって想定されていない限り、
 組織の年齢構成維持、忠誠心の育成のために新卒者を
 多人数雇用したとしても無意味だからである。』

新入社員として一括採用されることで、
会社への帰属意識や忠誠心を高める。

会社側は社員に対し、長期雇用を約束し
勤続年数に基づいた報酬を提供する。

社員は、新卒一括採用された
「プロパー社員」、「生え抜き社員」として
管理職や幹部への道が開かれていく。

この新卒一括採用は
経済成長時代には機能していた
従来型の日本型雇用慣行が前提になっている。


現実的には、企業として長期雇用も年功賃金も難しい中では
新卒一括採用の在り方も見直しする必要がありそうです。


◼海外の制度は職種(ジョブ)別の通年採用がベース

海外から日本の新卒採用が奇異に見える理由――日本と欧米、まったく違う「採用」観より
『日本では、入社を通じて組織の人間(メンバー)となり、
 そのメンバー1人1人に仕事が割り当てられていく
 「メンバーシップ型」採用、欧米やアジアでは
 ある仕事(ジョブ)に対し適応する人間を組織の内外から
 当てはめる「ジョブ型」採用が行われてきました。』

海外では、即戦力としてある仕事(ジョブ)に対し適応できるかが
求められるので、適応するための専門性と経験が重要になります。

そのため、職種と大学で学んだこととの関連性を求められ、
学生時代からインターンシップなどで職業経験を積みます。

ある仕事(ジョブ)毎に採用をするので、通年採用が基本的なようです。

一括入社.jpg

長期雇用や年功賃金などの日本型雇用が前提に
なっている新卒一括採用ですが、

『企業が個人の生活を将来に渡って面倒見切れなくなっている。』

多くの企業では体力がなくなり、終身雇用制度の維持も
年功序列賃金システムも難しくなっています。

新卒一括採用という制度は、日本型雇用慣行が
前提になっていて、その前提は崩れはじめていることは
認識しておくべきだと思います。



人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ







スポンサーリンク


posted by GAGI at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒一括採用と通年採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする