2017年05月28日

「熱意ある社員」は6%、「やる気のない社員」は70% 米ギャラップ社調査で

米国のギャラップ社が世界各国の企業を対象に実施した
従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査した
ショッキングな結果。
 ↓ ↓ ↓
「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査


■会社への帰属意識が薄くなる日本の会社員

このギャラップ社の調査結果によると、

『日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかない
 ことが分かった。 米国の32%と比べて大幅に低く、
 調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。』

熱意のある社員は6%以外には、

企業内に諸問題を生む「周囲に不満をまき散らしている
無気力な社員」の割合は24%、

「やる気のない社員」は70%。

熱意のある社員が6%という数字もショッキング
だが、やる気のない社員が70%、無気力社員が24%で
合わせて94%もの社員が仕事に熱意がないという結果は
もっとショッキング。


かつては、”24時間戦えますか”というコピーも
あったように、会社への忠誠心や帰属意識が
高かった日本の会社員像が全く変わってしまった。

社員の熱意がこんな状態であれば、企業としての
生産性も低く国際競争力も持てないはず。


■上司のマインドセットや日本型組織風土など経営課題

この記事のギャラップ社CEOインタビューによれば、
日本では「熱意あふれる社員」が6%と割合がとても低い要因を
何点か挙げている。


個人としての生き方働き方にも大きな影響がある
日本の多くの企業が抱える経営課題が見えてくる。

・日本のコマンド&コントロール(指令と管理)という
手法が(1980〜2000年ごろに生まれた)ミレニアル世代
には合わないこと

ミレニアル世代は「自分の成長に非常に重きを置いている」。
縛られることも嫌い、自由を求める風潮も強い。


・周りに悪影響を及ぼす無気力な社員の半数は
 自分に合っていない仕事に就いている。

得意でないこと、自分に合ってない仕事を
いやいややらされている。


・そして一番大きな原因は上司にある

上司は、上司の言ったことを口答えせずに確実に
やれば成功する、という従来のやり方マインドセットが
変えられずにいる。

これまでは弱みを改善することに集中するのが
上司の仕事だったが、これからは部下の強みが何かを
上司が理解し、部下の得意なことで強みを生かしていく
ことが重要になる。


・上司は指示を出せばよいのではなく、部下と一緒に
なって結果を出す。部下をどうやって成長させていくか
を考えることが上司の仕事になる
 

かつて、日本で1960〜80年代に成功した
コマンド&コントロール(指令と管理)という方法の
ままの状態とも思える。

上司やその上の上司である経営層が、経済成長の時代の
マインドセットや管理手法をそのまま変えられない
という問題でもある。

ある意味では、経営環境の変化やミレニアル世代の
やる気の元を理解せず、過去の成功体験を引きずった
ゆでガエル状態とも考えられる。




スポンサーリンク


posted by GAGI at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 働き方にする関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック