2017年05月11日

【素人革命】専門家に限られていた市場価値の変化

素人革命という言葉は、ホリエモンこと
堀江貴文さんが提唱した言葉のようです。


こちらの記事から、ホリエモンの
素人革命に関して掘り下げて見ます。
↓ ↓ ↓
「世の中の不安、不便をなくしたい」 医療、ロケット……堀江氏の目指すところは?


◼︎素人革命とは専門家に限られていた仕事や技術のオープン化

この記事によれば、素人革命とは、

『かつては専門家だけに限られていた仕事や技術が、
情報共有の効率化によってオープンになり、あらゆる人に
ビジネスチャンスが生まれている状況を指す。』

前回の記事のように、
↓ ↓ ↓
【素人革命】「インスタグラム ブツ撮りサービス」素人コンテンツの価値の拡大

インスタグラムで人気の素人コンテンツも、
その背景にある携帯小説のロングセラー化も、
専門家だけに限られていた仕事があらゆる人に
ビジネスチャンスが生まれている。

専門家だけでに限られていた技術ももっと効果的に、
素人と思われていた人にもビジネスレベルの技術を習得できる。

『堀江氏は、以前に「寿司屋に10年も修行はいらない」
と発言して物議を醸し、この「素人革命」を推奨する
発言を繰り返してきた』


『短期間で握る技術を学ばせれば、ハイレベルな
寿司店を出すこともできる。実際、3カ月の訓練で
ミシュランの星を獲得した例もある。』


◼︎慣例的な修行や下積みでない実践型技術がミシュランに選定

3カ月の訓練でミシュランの星を獲得した事例がこちら
 ↓ ↓ ↓
開店からわずか11ヶ月…素人だらけの寿司屋がミシュランに選ばれた理由

寿司職人は一人前にになるまで10年はかかるとも言われています。

でも、
この事例にある飲食人大学では、一般的な1年制の調理師学校の
カリキュラムを徹底的な「現場実践」で、現場で通用する技術を
3ヶ月という短期間で修得できる短期集中型のプログラムで実現。

この学校が経営する3カ月プログラムの卒業生による寿司店舗が
ミシュランガイドに掲載されました。

ミシュランガイドでは、この寿司店に対し、
学校が経営するからこその日本の文化・旬・料理の技法に
忠実に則った江戸前鮨として評価しています。

ミシュランだけでなく、大阪の料理コンテストでも
副店長が和食・日本料理部門で優勝し、その技術の確かさが
よりはっきりします。

恐らく、3カ月の卒業後の切磋琢磨が実力を
積み上げているのだと思います。


◼︎過去の慣例でない素人革命という市場価値を意識する

『貴重な時間を有効的に活用し「現場で今すぐ使える技術」
を徹底的に学ぶことで、わずか3ヶ月で確かな技術を得る
ことができることを飲食人大学は証明しています。』

『要は慣例や下積み期間の長さにこだわる必要はなくて、
戦略的に技術を習得するセンスが重要なんです」』

これらの事例によって、けっして、下積みや修行など
職人としての技術の積み上げは否定されるものではないと思います。

ただ、過去の専門家による慣例的な修行と下積みではない
戦略的な技術習得方法もあり、対外的にも高い評価を受けていること。

素人コンテンツなどや携帯小説など、素人だからこその
期待を裏切る意外性や専門家にはない着眼点などに
大きな市場性がありユーザーが求める価値が生まれていること。

専門家だけに限られていた仕事があらゆる人に
ビジネスチャンスが開かれている素人革命が
始まりったいることは充分意識すべきだと思う。

その上で、専門家だからこそ素人にはない違いをしっかりと
価値として伝達して行くことが重要だと思います。


*****************************************************

モノが溢れ市場が飽和し、ユーザーの価値観やライフスタイルが
多様化・複雑化している現代。ユーザーとって魅力的な
独自の価値を提供する必要があります。
そのために、
提供価値の創造⇒価値の伝達⇒価値の提供⇒価値の交換
のプロセスをしっかり考えていくことが重要です。

【サービス事業者向け】集客のぶれない軸をつくる「マーケティング的思考」入門


人気ブログランキング参加中です。

新しい働き方ブログトップへ




スポンサーリンク


posted by GAGI at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 提供価値を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック